靴は良い物を選びましょう

 

 

またまた釣りの話になります。

 

50歳を超えると足腰が弱くなってきますね。

 

自分では大丈夫と思っていても、寄る年波には勝てません・・・。

 

 

川へ釣りに行って転ぶ、いやいや、よろけることが多くなり昨年に少し高価な靴を買いました。

 

 

 

モンベルのサワークルーザーっていう沢登専用の靴です。

 

やっぱり餅屋は餅屋ってことでしょうか?釣り具のメーカーの靴に比べると歩きやすく頑丈っす。

 

モンベルはアウトドアをメインに特に山登りに特化したギアを製造販売しているメーカーです。

 

 

 

この靴最初はウールのフェルトが貼り付いていましたが、昨年1シーズン履くとすり減って使えなくなりました。

 

ウールのフェルトは滑らないけど、減りが早い。

 

まあ、ウールでフェルトを作っているのは珍しいことなんですけどね。

 

そこで今シーズンは違うフェルトに貼り替え、フェルトの内側からステンレス製のビスを打ってスパイクにしてみました。

 

結果、滑らなくなり減りも半分以下になりましたね。

 

 

こうやって底を貼り替えればもう1シーズンは使えると思います。結果、釣り具のメーカで出している靴よりは安く使うことが出来ると思います。

 

注)あくまでも個人の感想で新しい物が好きな方はお金が続く限り毎年購入してください(笑)

 

 

 

2シーズンも履いていると当然靴紐が駄目になります。

 

カミさんがホームセンターに置いてあったよと、極太の靴紐を買って来てくれました。

 

 

 

釣りをやらない方には 「だからどうした」 って思うでしょうが、この年になると「安物買いの銭失い」ってことわざ(古事)の意味がなんとなく分かるようになりました。

 

凄く高価なものは必要ないと思いますが、ある程度お金を出した方が良い気がします。

 

 

 

でも、100円ショップ大好きですけどね!

 

 

コメント